KUBOTEK HOME へ
HANIWA TOP  

チャンネル・デバイダー

ご希望のシステムのお見積もりを承ります。お気軽にお問い合わせください。

 HCHD01  デジタル・チャンネル・デバイダ 

デジタル・チャンネル・デバイダ?

デジタル・チャンネル・デバイダの拡大写真へ

価格  1,200,000円   (税別)
デジタル入力 AES入力 1CH(MAX 192kHz/24bit)
アナログ出力 バランス出力 3CH(ステレオ)
RCA 出力 3CH(ステレオ)
デジタル出力 K-LINK出力 1CH
HANIWAデジタルアンプ専用インターフェース
アンプに192kHz/24bit x 6CH分のデータ転送
FPDCユニット 周波数領域でのゲイン特性と位相特性を同時に
補正
D/Aコンバータ 高域カット時の位相シフトを低減
その他 USBインターフェース
ワードシンク入力
寸法(WHD) 446 x 83 x 370 mm
重量 7.8Kg

 

 HCHD02  デジタル・チャンネル・デバイダ(Bi-Amp用)

アナログ入力を備えることにより従来のプリアンプと接続でき、
HCHD02を追加するだけで、お手持ちのスピーカの持ち味に、FPDC(Frequency & Phase Dual Control)が 【音の実在感】を与えます。

デジタル・チャンネル・デバイダ(Bi-Amp用)

デジタル・チャンネル・デバイダ(Bi−Amp用)の拡大写真へ

価格  1,200,000円   (税別)
デジタル入力 AES入力 1CH(MAX 192kHz/24bit)
アナログ入力 バランス入力 1CH(ステレオ)
RCA 入力 1CH(ステレオ)
アナログ出力 バランス出力 2CH(ステレオ)
RCA 出力 2CH(ステレオ)
FPDCユニット 周波数領域でのゲイン特性と位相特性を同時に
補正
D/Aコンバータ 高域カット時の位相シフトを低減
その他 USBインターフェース
ワードシンク入力
Phase Control Bi-Amp Driver 内部では3Way処理しHighとMidを合成して出力する新開発の 「バーチャル3Way Bi-Amp方式」により、従来2Wayスピーカでは不可能であったスコーカとツイータの位相及び前後のずれの補正が行なえます。
HCHD02を追加すれば、Bi-Amp対応のスピーカでは一切の改造無しで 手持ちのスピーカの位相特性が補正され、いきいきとした音楽を奏で始めます。
寸法(WHD) 446 x 83 x 370 mm
重量 7.8Kg

 

 HCHD03  HANIWA 2WAY スピーカー専用 デジタル・チャンネル・デバイダ 

 
デジタル・チャンネル・デバイダ(HANIWA 2WAY専用)の拡大写真へ

価格   お問い合わせください
アナログ入力 RCA 入力 1CH(ステレオ)
アナログ出力
RCA 出力 2CH(ステレオ)
FPDCユニット 周波数領域でのゲイン特性と位相特性を同時に
補正
プリセット 3モード
寸法(WHD) 223 x 83 x 370 mm
重量 4.6Kg

 

 HCHD04  HANIWA 3WAY スピーカー推奨 デジタル・チャンネル・デバイダ 

 
デジタル・チャンネル・デバイダ(HANIWA 3WAY推奨)の拡大写真へ

価格  お問い合わせください
アナログ入力 RCA 入力 1CH(ステレオ)
アナログ出力
RCA 出力 3CH(ステレオ)
FPDCユニット 周波数領域でのゲイン特性と位相特性を同時に
補正
プリセット 4モード
寸法(WHD) 316 x 83 x 370 mm
重量 5.6Kg

このページの先頭へ

 

 

 

 

開発コンセプト
HANIWAテクノロジー
製品情報
小型スピーカー
大型スピーカー
チャネル・デバイダー
コントロール・アンプ
パワー・アンプ
D/Aコンバーター
アナログ機器
アクセサリー・他
試聴スタジオのご案内
イベント・ニュース
お問い合わせ

 

  試聴のお申し込みはコチラから

  HANIWAシステムのお見積りはコチラから

  HANIWAシステムのご購入はコチラから

  フォノイコライザーとカートリッジをセットで購入するとお得です!

  低コストの音響拡散パネル 詳細はコチラ

 

  

  

  

 

  

  

  

 

   

 

  

   

 

   

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

  

  

  

  

  

 

   

  

 

KUBOTEK HOME へ