KUBOTEK HOME お問い合わせはこちら サイトマップはこちら 保守契約ユーザー様専用サイトはこちら
TOPページへ CAD/CAMシステムページへ 比較/検証ソフトページへ 加工/測定ページへ 製品一覧ページへ イベント&NEWSページへ

SPACE PROBEの機能

SPACE PROBEの特徴

フィーチャベースメジャメント
従来の測定は、真円度測定、真平面度測定、誤差測定などを目的としたものでした。3次元形状(フィーチャ)の取り込みを目的とした測定には不向きでした。
平らな面、楕円、楕円弧、円柱、多角柱などを測定すると歪な形状の測定データしか得られません。後処理が大変な作業として残ります。
そこで意図した形状、曲面は曲面として、平面は平面として測定できるように新しい概念、【フィーチャベースメジャメント】を取り入れました。この新概念により、測定後、モデリングをしていく過程で作業が大変楽になります。
従来の測定はもちろん、3次元形状も取り込めるのがSPACE PROBEです。

モデル空間と物理空間のマッチング機能
測定機の原点を位置合わせすることができ、測定データとモデリングデータとの比較も容易におこなえます。また、測定機または測定物を移動しても再位置合わせが可能です。

測定動作は、3次元カーソルとしてモデル空間に表示
接触型測定機のプローブの姿勢がリアルタイムで画面上に確認できるので、測定ポイントやその角度を確認しながら作業できます。
プローブの先端部は、3次元カーソルとしてモデリング操作に直結しているので、計測とモデリングが同時進行します。

プロセスの高効率化が可能
【モデリング-高速加工-計測によるモデルの修正】というサイクルが完結するので、効率よくプロトタイプ(試作モデル)の改善が進み、しかも同時にモデルが完成するので、そのまま本格生産に移行する準備ができることになります。

あらゆる3次元測定機に対応
X,Y,Z値のデータが転送できれば、どのような測定機でもSPACE PROBEに接続可能です。

▲ページの先頭へ


[TOP]  [CAD/CAM]  [比較/検証]  [加工/測定]  [製品一覧]  [イベントNEWS
  [KUBOTEK HOME]  [お問い合わせ]  [サイトマップ]  [サポートサイト]

 

双方向エンジニアリングツールページ
RPT加工システム[大型3Dドライ加工プリンタ]の概要ページ
運用例
セット内容
オプション
測定システムの概要
SPACE PROBE
接触型測定
その他の測定
加工/測定サンプル INDEXページ
バンパー
トルソー
マニフォールド
ホイール
CGからモデル
地図からモデル
測定からモデル(1)
測定からモデル(2)
測定からモデル(3)